ヴィンランド・サガ

【ヴィンランド・サガ】第21話感想!ビョルンの届かなかった願い

アニメ『ヴィンランド・サガ』クヌート出典:ヴィンランド・サガ・公式サイト
©幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

クヌート一行はイングランド北部の町・ヨークへ。

そこでトルフィンと再会した人物とは!?

グッドリ
グッドリ
こんにちは、グッドリです!

トールズを亡くして以来、ひさしぶりの「あの人」が登場する第21話いってみましょう!

第21話のネタバレも含みますので、未視聴の方はご注意ください。

(原作未読のためご了承ください)

『ヴィンランド・サガ』第21話「再会」あらすじ&感想

クヌート一行はヨークの町に入港する。

スヴェン王とは一触即発の状況!

トルフィンは、かつての自分を知る人物と再会する――。

「もう11年も経ってるんだ」

かつてトールズに命を救われたレイフは、トルフィンを捜し続けていた。

ニコ
ニコ
レイフおじさんひさしぶり!

あの男……そうだ、間違いない!

「あの顔を忘れるものか」アシェラッド。

ヨークの町に入港したクヌートは何者かに突然、矢を放たれてしまう。

ハッピー
ハッピー
クヌートがピンチすぎるー!

「名は!? トールズの子トルフィン」

クヌートを狙った刺客を追うトルフィンとレイフは11年ぶりに再会する。

クヌートの影武者

  • アシェラッドは奴隷の女性をクヌートの影武者にしていた。
  • 刺客を使ってクヌートを狙ったのはフローキの可能性が。
グッドリ
グッドリ
やっぱりアシェラッドのほうが上手ですな♪

クヌートの影武者は似すぎですね!

完全にアシェラッドに裏切られたと思っちゃいました(笑)

スポンサーリンク

トルフィンの闇

「国に帰ろう、もう充分だろう!?」

アンタに何が分かる、十分なんかじゃねぇと言い放つトルフィンの闇は深い。

ハッピー
ハッピー
トールズの最期が焼き付いてる~!

「いいから行けよ、悪だくみの時間なんだろ」

アシェラッドに足の具合を聞くビョルン。

剣を使うには問題ないと話すアシェラッドに「なら明日」と意味深な答え。

「出し抜かれたな、フローキよ」

スヴェン王の手先となっていたフローキ、王はアシェラッドの力を認めていた。

グッドリ
グッドリ
刺客を雇ったのは実はアシェラッド!?

クヌートに仕えていたラグナルの弟・グンナルもスヴェン王と通じていました。

ダマし合いの頭脳合戦ですね!

ビョルン最期の願い

「どいつもダマし合いに夢中か」

それが戦士のやることか……おれのやることは1つだと覚悟を決めるトルフィン。

ニコ
ニコ
グンナルはやっぱりスパイだったね!

「わりぃな、トルフィンすぐ済む」

アシェラッドとの決闘に先約として現れたのは手負いのビョルン。

「アシェラッド、アンタを尊敬してる」

おれはさ、アンタと……アンタと友達になりたかったんだよ……!

「ビョルン、おまえはたったひとりの友達だ」

ビョルンとの決闘を終えたアシェラッドは、トルフィンと再び対峙する――。

ハッピー
ハッピー
友達のキノコマンが~!!

ビョルンの最期は悲しすぎますね!

アシェラッドとビョルンは間違いなく友達でしたよね。

『ヴィンランド・サガ』第21話感想まとめ

大泣きポーズのハッピーアイキャッチ画像

レイフおじさんと再会からビョルンとの別れの第21話でした!

グッドリ
グッドリ
ビョルンの最期はショッキング!

デーン人(仲間)が嫌いだと言ったアシェラッドもビョルンはどうなのかなと思っていましたが……

やっぱり嫌いだったのかもしれませんね。

最期の言葉はビョルンへの手向けの言葉のようにも見えました。

ニコ
ニコ
1度も本心見せてないもんね。

ダマしたり裏切ったりの頭脳戦の中、ついにトルフィンの戦いが決着しそうですね!

トールズの最期から11年経っても消えない怒り。

男たちの戦いの物語に「哀愁」を感じさせるストーリーは魅力的ですね♪

ハッピー
ハッピー
トールズも生きてたらな~☆

アシェラッドとの決闘のゆくえは!?

それではまた次回お会いしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

【ヴィンランド・サガ】各話感想はこちら~

こちらの記事もおすすめ!
テキストのコピーはできません。