ヴィンランド・サガ

【ヴィンランド・サガ】第24話(最終話)感想!さらば英雄アシェラッド

アニメ『ヴィンランド・サガ』剣を持ったアシェラッド出典:ヴィンランド・サガ・公式サイト
©幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

アシェラッドはウェールズ侵攻を阻止するべく言葉を重ねる。

果たしてスヴェン王の判断は!?

グッドリ
グッドリ
こんにちは、グッドリです!

アニメ『ヴィンランド・サガ』も今回で、ついに最終回ですね!

第2期は未定のようですが、放送&配信が決定したら追記していきます。

ハッピー
ハッピー
トルフィンのその後も観たいぞー!

トルフィンの復讐が幕を閉じる第24話いってみましょう!

第24話のネタバレも含みますので、未視聴の方はご注意ください。

(原作未読のためご了承ください)

『ヴィンランド・サガ』第24話(最終話)「END OF THE PROLOGUE」あらすじ&感想

ウェールズ侵攻を思いとどまらせようと言葉を重ねるアシェラッド。

この言葉にスヴェン王の判断は!?

レイフの説得で故郷に帰ろうとしたトルフィンだったが――。

「おれの国を守るにはどうしたもんか」

スヴェン王の御前で、アシェラッドは故郷ウェールズを守る策を考えていた。

グッドリ
グッドリ
スヴェン王はアシェラッドの故郷に気づいている!?

「王陛下、恐れながら申し上げます」

  • ウェールズ討伐は最良の選択でしょうか?
  • アシェラッドは王に再考をと。

イングランド軍との戦いの回復が最優先、侵攻するメリットがない国だと伝える。

ニコ
ニコ
王陛下に直球勝負!

「ウェールズかクヌートか選べ」

アシェラッドの過去を調べていたスヴェン王・母は、やはり「奴隷」だなと……!

一方、レイフの説得で故郷を目指すトルフィンだったが、船の上から消えてしまう。

ハッピー
ハッピー
何か思い出したのか!?

トルフィンが目指す場所は1つですよね!

スポンサーリンク

アシェラッド最期の演技

「嫌な面だな、やっぱり許せねぇ」

アシェラッドは「こんな面に王冠」なんてと、王に向かって言い放つ……!

ハッピー
ハッピー
王に向かってブサイクって☆

アシェラッド命をかけた演技

  • クヌートを英雄にするため王に歯向かい反逆者となる。
  • 故郷ウェールズと主クヌートの両方を救うために。

我が母より授かりし、真の名はルキウス・アルトリウス・カストゥス。

――アシェラッドは王の首を斬る。

大罪人となったアシェラッドを討つため、兵を呼び叫ぶクヌート。

「何やってんだ、あのバカは~!」

走り出したトルフィンが目指した場所は、父の仇・アシェラッドのもとだった。

グッドリ
グッドリ
仇だけど大事な存在!

アシェラッド最期の晴れ舞台になってしまいそうですね。

トルフィンに残した言葉

「何を申すか、余はここに健在であろう」と、アシェラッドは決死の演技。

「来るな、トルフィン!」

クヌートがアシェラッドを突き刺す!

「お前のための舞台だ、無駄にするなよ」

  • アシェラッドの想いをくみ取るトルケル。
  • クヌートにここが肝心だと。
ハッピー
ハッピー
トルケルも超絶男前ー!

「くれてやるよ……おれの命」

トルフィンに「待たせて悪かったな」と倒れるアシェラッド。

「お前……どう生きるつもりだ?」

いいかげん先へ進めよ、本当の戦士になれ、トールズの子。

行き場を失ったトルフィンは暴走、クヌートは王冠を手にしながらイングランド統治を宣言する。

手から落ちたナイフには出会った人たち、まだ見ぬ世界が広がっていた――。

ニコ
ニコ
アニメ続編の演出かな♪

アシェラッド最期の言葉は父親のようでしたね!

トールズの忘れ形見、そんな想いがあったのかな~。

『ヴィンランド・サガ』第24話(最終話)感想まとめ

大泣きポーズのハッピーアイキャッチ画像

スヴェン王には怒りの鉄槌、アシェラッドの最期が描かれた第24話でした!

グッドリ
グッドリ
トルフィンへの言葉に感動!

「本当の戦士になれ」トールズの言葉をもってくるとはアシェラッド最高です。

トルフィンはトールズの忘れ形見。

主を求めていたアシェラッドが認めた男・トールズの子だからこその言葉でしたね。

ニコ
ニコ
トールズへの贖罪とトルフィンへの最期の親心だったね!

最期の姿は、まさに英雄でした!

生きる目的を失ったトルフィンの「その後」が気になりますね。

歴史が得意なダンディーな方にもおすすめな『ヴィンランド・サガ』最高でした♪

ハッピー
ハッピー
2期に期待するしかねぇー!

それではまた次回お会いしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

【ヴィンランド・サガ】各話感想はこちら~

こちらの記事もおすすめ!
テキストのコピーはできません。